読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正真正銘ユルい?和歌山に21年前からあるライフスタイルショップに行ってみた。

こんにちは、ながっちです~!

 

今回は、ちょうど1年前の今日(!)

わたしが出会ったお店を紹介したいと思います!

 

1年前の10月10日は、

ぶらくり丁商店街で「クラフト×暮らふとBEERFES」というイベントが

行われていて、わたしも運営を手伝っていました。

https://www.facebook.com/craftcraft.beerfes/

 

たくさんのお店がブース出店して下さっている中で

ひときわ目立つブースが!!!

  

 f:id:wadaisei:20161010203916j:image

 

 なにやらかっこいい自転車がモリモリです。

 

このお店こそが、

和歌山市内でライフスタイルショップを営む

「cafe&store main」さん。

 

和歌山にこんなお店があったのか~。

いつか、実店舗に行ってみたい...。

 

と、あの日思った念願叶い

早速行って参りましたー!

 

ちなみにながっちは自転車に関しては素人なので、和大の後輩であり、趣味は自転車・スケボー・キャンプ、バイト先はLOGOSというスーパーアウトドア少年こもりんに同行してもらいました。

適任すぎる!

 

f:id:wadaisei:20161010093430j:image

スケボーに乗って待ち合わせ場所にやってくるこもりん。キャラ作りが完璧。

 

こもりん「ながっちさんもスケボーで行きましょう。」

 

ながっち「...まじか。」

 

そう、わたしの部屋の前には去年衝動買いして以来

ほとんど乗っていないスケボーが...

 

商店街の中を颯爽とすべっての通勤に憧れていたのですが

予想外に運動神経が悪くいまだ実現できていません。

 

f:id:wadaisei:20161010093454j:image

f:id:wadaisei:20161010093442j:image

放置感がすごい。

f:id:wadaisei:20161010093512j:image

とりあえず道まで引っ張り出してきましたが、

アスファルトの上でこけるのが怖すぎて断念。

ストリートガールへの道のりは遠い。

 

////////////////////////////////

 

結局普通にあるいて出発!

 

f:id:wadaisei:20161010204050j:image

 

場所は和歌山県庁の裏あたりです。

住所:和歌山市雑賀屋町51 1F

 

f:id:wadaisei:20161010093613j:image

f:id:wadaisei:20161010204204j:image

店の前に到着!!!

 

予想通りめっちゃかっこいい!

 

道中で小学生くらいの男の子がかっちょいい自転車に乗っていて度肝を抜かれましたが、どうやらここの店主さんの子供さんのようです。お店のまえで練習中でした。

 

お店の中に入ると...

f:id:wadaisei:20161010093708j:image

私の知っている自転車屋さんと全然ちがう...

 

 

お店の奥にはアパレルグッズもたくさん。

 f:id:wadaisei:20161010204305j:image

キャップやリュック、トートバックもたくさん種類がありました。

 

f:id:wadaisei:20161010093743j:image

f:id:wadaisei:20161010100308j:image

スケボーも売ってます。

f:id:wadaisei:20161010100352j:image

自転車系のグッズも!

このボトル、

ケチャップボトルモチーフの方には「CATCH UP」

マスタードモチーフには「MUST HARD」

と、言葉遊びがおもしろいです。

f:id:wadaisei:20161010100420j:image

カスタマイズ用の部品もあります。

 

ここで、

「自転車好きなの?」と話しかけてくれた店主さん。

とっても気さくでかっこいい方でした。

 

すかさず

ファットバイク乗ってます!」

と答えるこもりん。

 

店主さん「おお~、いいね~!サーリー??」

 

こもりん「そうです!」

 

早速何がなんだかわからないながっち。

こもりん連れてきてよかった~と心から思いました。

 f:id:wadaisei:20161010210819j:image

見たことないくらいの笑顔で

写真を見せてくれるこもりん。

f:id:wadaisei:20161010100449j:image

こもりんが乗っているのはこの画像の自転車。

ファットバイクとは極太のタイヤが特徴の自転車で、標準的なマウンテンバイクのタイヤ幅が5cm程度なのに対して9~12cmもあるそうです。

f:id:wadaisei:20161010100458j:image

颯爽と乗りこなすこもりん。

 

元々、雪が積もった道でも自転車を楽しみたいという思いから生まれたファットバイク。サーリー(surly)とはそんなファットバイク界に革命を起こしたメーカーの名前で、現在でも鉄板のブランドだそうです。

 

ながっち「これいくらぐらいするん?」

 f:id:wadaisei:20161010210937j:image

こもりん「20万くらいです。」

 

ながっち「ひょえええええ」

 

ガチ勢でした。

 

/////////////////////////////

 

店主さん「和歌山やと砂浜とか走ったら気持ちええよな~!」

 

こもりん「そうですよね。でも僕家は大阪なんですよ~。」

 

店主さん「そうなんか~。和歌山でこーいう自転車乗ってる人ってまだまだ少ないんよなぁ~。」

 

少し寂しそうな店主さん。

 

「うちはBMXを中心に取り扱ってるけど、これも和歌山でやってる人はまだまだ少ない。でも最近高校生で興味もってくれる子が出てきて、高校生の間でも広まってきてるみたいよ!」

 

BMXとは競技自転車のこと。

詳しくはこの動画を見るとわかります。


~REAL TOUGHNESS TOKYO 2013 ~BMX STREET JAM 【FINAL】

 

なるほど、たしかにかっこいい...

自転車ってこんな自由自在に動くんですね。

 

店主さんはこのお店を通じて

BMXというストリートスポーツを

もっと和歌山にも広めたいという思いがあるそう。

mainさんのinstagramを見るかぎり

和歌山の小学生たちにまで広がっています。

子供から大人まで楽しめるスポーツなんですね!

 

f:id:wadaisei:20161010100757j:image

お店の外には練習用の台が。

黒い鉄の部分に自転車の一部を引っ掛けたりするそうです。

 

練習している若い方もいました。

 

さらに店内にはカフェスペースも!

 f:id:wadaisei:20161010204548j:image

f:id:wadaisei:20161010204602j:image

 

現在月1で夜営業の立ち飲みDAYもされているそうです。

お料理も本格的!

是非instagramで情報をチェックしてみて下さい↓

mainstream (@cafe_store_main) • Instagram photos and videos

 

///////////////////////////////////////////////////

 

f:id:wadaisei:20161010204635p:image 

mainさんのinstagramのトップ画面には

 

和歌山市で1995年春より、ライフスタイルとリンクしたセレクトで

人生どう楽しむかを常に考えている、正真正銘ユルいお店。

 

という言葉が。

 

1995年ということは今年でなんと21年目!!!

(こもりんに関しては19歳なので生まれてません。)

※現在の場所での営業は17年程前からだそうです。

 

そんな長い年月の間ブレずに発信されてきた

衣、食、そして「遊」。

 

最近は、アメリカのポートランドが発信するような

自由でクリエイティブで、生活の質を大切にする文化が

注目されています。

車よりも徒歩や自転車、

大量消費よりも本当にいいものに価値を置き消費する。

そんな「暮らしの豊かさ」のあり方が

広まってきつつありますね。

 

ブームとしてではなく長年にわたり

多方面からmainさんの思う「こんな暮らしっていいよね」

が詰め込まれた店内はまさに今、かっちりとハマる人も

多いのではないでしょうか?

 

私自身、ストリート系は憧れはありつつ

なかなか入り込めないなぁという先入観がありましたが、

「町を使った遊び」だと考えるととても興味がわいてきました。

 

和歌山は、

近くに数種類のビーチがあり

サーフィンやビーチスポーツを楽しめたり、

全体的に高低の少ない地形で

自転車が乗りやすかったり、

紀ノ川でウォータースポーツができたり、

すぐそばに自然があって、

まちなかに程よいスペースの余裕もあって

そうした文化と相性が良い気がします。

 

もっと和歌山をつかって遊びたい方、

自転車ってカッコいい!て思った方、

ぜひ、mainさんに行ってみて下さい♪

 

わたしももうちょっとスケボーの

練習してみようと思います。笑

 

それでは、店内のあちこちにいた

自転車メーカーのユルいウサギのキャラクターでさようなら〜!

 f:id:wadaisei:20161010204920j:image