読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらためて和歌浦を観光してみたら癒されすぎた〜母娘ふたり旅編

 

こんにちは、ながっちです!

 

わたしは、兵庫県出身で

大学進学を機に和歌山に来たので

和歌山に住みはじめて早5年...

 

和歌山の景色も

すっかり日常のものとなっています。

 

そんな中、兵庫県にいるわたしの母親から

「和歌山に遊びに行きたい!(1年ぶり5度目)」

と連絡が来たので、

観光客の視点で和歌山で遊んできましたー!

 

 

あらかじめ母が予約してくれた宿は

雑賀崎にある「シーサイド観潮」さんだったので

www.kancho.co.jp

今回は車で和歌浦中心に廻ることにします。

 

到着が昼過ぎだったので、

まずは「紀州東照宮」へ。

 

f:id:wadaisei:20161121210250j:image

大きな鳥居!

(1時間500円の有料駐車場があります)

f:id:wadaisei:20161121210311j:image

f:id:wadaisei:20161121210336j:image

 なんだか高野山にも似た

神秘的な雰囲気を抜けていくと...

f:id:wadaisei:20161121210356j:image

長〜い階段に到着!

f:id:wadaisei:20161121210418j:image

ちょっと角度がこわい階段でしたが

なんとか登り切り到着!

振り返ると...

f:id:wadaisei:20161121210459j:image

f:id:wadaisei:20161121210538j:image

鮮やかな門から覗く景色がとても綺麗です。

 

紀州東照宮徳川頼宣が家康を祀るために

造られた場所であり、「関西の日光」とも称されているそう。

 

和歌山市観光協会のHPでは

このように紹介されています。

f:id:wadaisei:20161121212251p:image

色使いが素敵です。

 

登ってきたということは

またこの階段を下らないといけないのか...

f:id:wadaisei:20161121210603j:image

と思ったら、別ルートがあるようなので、

そちらから下ることにします。

 

f:id:wadaisei:20161121210629j:image

ながっち「これはゆるい。(確信)」

 

ユルイ坂には

南国のような木も繁っていて

行きとはまた違った雰囲気が楽しめました。

 f:id:wadaisei:20161121212733j:image

 

////////////////////////////

 

チェックインの時間があるので早めに

「シーサイド観潮」さんへ。

 

f:id:wadaisei:20161121095421j:image

最近リフォームされたそうで、

外観もとてもきれいです。

f:id:wadaisei:20161121213411j:image

ロビーの奥には雑賀崎の景色が広がっているので

館内に入ってすぐにテンションが上がります!

 

フロントが最上階、

客室は下階にあるのでエレベーターに乗ります。

f:id:wadaisei:20161121101542j:image

中には今日泊まっているお客さんへのメッセージカードが。

外国の方も2組宿泊されていました。

f:id:wadaisei:20161121095649j:image

下階はちょっと予想外な造りで、

屋外に廊下があります。

雑賀崎の斜面に沿って建っているんですね。

f:id:wadaisei:20161121102331j:image

プールやBBQ場もあるみたいです。

夏場にも来たい!

 

部屋までの道のりには

たくさんのわくわくする仕掛けが...

 

f:id:wadaisei:20161121101349j:image

景色がとっても綺麗だったり、

 

f:id:wadaisei:20161121101620j:image

ブランコがあったり、

f:id:wadaisei:20161121101655j:image

乗ってみたり、

 

 

f:id:wadaisei:20161121101842j:image

旅館から手紙を出せるレトロなポストがあったり、

 

f:id:wadaisei:20161121101905j:image

 休憩所があったり

 

なかなか客室までたどり着けません。笑

 

 

 

ついに到着、306号室!

 

扉を開けると...

 f:id:wadaisei:20161121214528j:image

f:id:wadaisei:20161121213352j:image

アマルフィのようだとも言われている

雑賀崎の景色がバーン!

 

なんと全室オーシャンビューだそうです。

 

写真を撮りまくる母。

f:id:wadaisei:20161121102037j:image

お部屋は畳敷きにベットのスタイルで

和モダンな雰囲気。

f:id:wadaisei:20161121102130j:image

窓際にソファがあるので

思いっきりくつろげます。

 

懐かしの黒電話も!

f:id:wadaisei:20161121102356j:image

 

荷物を置いてから、

雑賀崎散策をしようと思っていたのですが

居心地がよすぎて一眠りしてしまいました。

(寝つきのいい親子)

 

目が覚めてあわてて雑賀崎灯台へ

f:id:wadaisei:20161121102647j:image

こちらからも市内側の素敵な景色が。

f:id:wadaisei:20161121214900j:image

f:id:wadaisei:20161121214917j:image

日が暮れてからの夜景も綺麗そうです。

 

入り口のこの看板に

怪しいにおいを感じずに

いられなかったのですが、

f:id:wadaisei:20161121102712j:image

こちらのブログに詳細があったので、

気になる方はご覧ください。笑

tomhet.doorblog.jp

 

17時のお知らせの放送が

灯台のスピーカーから流れ出すと...

f:id:wadaisei:20161121102857j:image

なにやら立ちふさがる白いわんこ達。

f:id:wadaisei:20161121102923j:image

四方八方から

たくさん集まってきて(6匹ぐらいいました)

カオスな雰囲気に。

 

犬好きの方、17時に行ってみてください。笑

 

 

ちなみに付近には個性的な場所がたくさん。

 

いろんな意味で

一部界隈では有名な「七洋園」さん。

f:id:wadaisei:20161121103020j:image

レビューがすごいことになっていますが、

七津別館 七洋園【 口コミと写真・価格比較・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

実は和大生のサークル御用達でもあります。

(わたしはサークルで2度泊まったことがありますが個人で行く勇気はありません。笑)

 

 

店内を鉄道模型が走る、鉄道好きにはたまらないカフェ「スハネフ14-1」さん。

(今回行けなかったのですがこちらのブログで店内の雰囲気が紹介されています)

スハネフ14-1|癒しの和歌山

 

 

夏場にだけオープンする「バグース」さんも

とても人気のスポットです。

bagus 2-2 shin-wakaura wakayama tel: 073-444-2559 / バグース 和歌山市新和歌浦2-2

 

 

他にもバブル期に乱立したリゾート施設の廃墟がたくさん残っていたり、

漁港近くにレトロな街並みがあったりと

「ノスタルジー」な雰囲気を楽しめるエリアです。

 

//////////////////////////////////

 

宿に帰り少し時間があったので

先に温泉へ~。

 f:id:wadaisei:20161121233607p:image

船の形をした露天風呂がとても素敵でした!

 

夕食は館内のレストランで。

すっかり日が暮れて夜景も素敵です。

f:id:wadaisei:20161121103053j:image

f:id:wadaisei:20161121103118j:image

和歌山の名産がたくさん使われたメニュー。

 f:id:wadaisei:20161121220047j:image

クスクスが使われていたり、

どの品も遊び心があって

シェフのこだわりを感じます。

 f:id:wadaisei:20161121220104j:image

和歌浦で取れた新鮮なお魚もやはり絶品。

 

食にはうるさい母も大満足していました!

 

 

お腹いっぱいで部屋に戻ると思いきや~...

 f:id:wadaisei:20161121220150j:image

宿泊者だけが使える館内のラウンジへ!

f:id:wadaisei:20161121220213j:image

f:id:wadaisei:20161121220230j:image

f:id:wadaisei:20161121220344j:image

 なにこの至福空間!!!

 f:id:wadaisei:20161121220316j:image

夜景を見ながらコーヒーを飲みながら

マッサージ機に座りながら本を読む、

というくつろぐのに忙しいぐらいの環境。

 

非常に癒されたので

夜もぐっすり眠れました。

 

////////////////////////////

 

朝起きて、朝食へ~!

 

f:id:wadaisei:20161121220544j:image

基本のセット+バイキング形式です。

目の前で名物の干物を焼いてくれます。

 

さてさて、

次の目的地「番所庭園(ばんどこていえん)」にいくか~と、

廊下を歩いていると、

 

 これは、f:id:wadaisei:20161121220704j:image

 f:id:wadaisei:20161121220847j:image

「冒険のにおいがしてきましたね...」

 

↓過去記事参照

 

wakayamatic.hatenadiary.jp

 

 

 

行くしかない。

 

軽い気持ちで出発したものの

すごい角度の階段に、

f:id:wadaisei:20161121220917j:image

ギリアウトっぽい橋など

かなりのアトラクション感。

 

山道なのに 

カニもたくさんカサカサと出没します。

f:id:wadaisei:20161121221012j:image

(動きが速いので全然撮れない)

 

それにしても

なかなかゴールが見えない...

 

ながっち「これちょっとやばいかも、引き返す...?」

 

母「いや、行けるやろ!行ききろうよ!!」

 

わたしよりも行け行けドンドンな母。

 

ながっち「(これが子を持つ母親の強さか...。)」

 

ついに到着!

 f:id:wadaisei:20161121221119j:image

ここが遊歩道らしいです。

f:id:wadaisei:20161121221150j:image

秘密の場所ぽくて良いかんじです。

ちょっとした砂浜にも降りることができます。

f:id:wadaisei:20161121221213j:image 

なんとなく親子の絆も

深まった気がしました。笑

 

とても楽しい時間を過ごせた「シーサイド観潮」さん。

オーナーさんのインタビューを発見したので張っておきます。

坂口宗徳さん:(株)MANPA (株)観潮 代表取締役社長 | キラリ☆和歌山人 | まいぷれ[和歌山市]

//////////////////////////////////////////

 

チェックアウトして

番所庭園(ばんどこていえん)へ!

番所庭園

 f:id:wadaisei:20161121221328j:image

水戸黄門をはじめとした

様々なドラマやテレビ番組のロケ地にもなっている場所です。

 

 f:id:wadaisei:20161121221315j:image

唐突に現れるゾウさんの滑り台や、

 f:id:wadaisei:20161121221357j:image

目を凝らさないと見えない「ようこそ」や、

f:id:wadaisei:20161121221641j:image

取って付けたような恋人岬など、

 

和歌山らしいゆるさが漂いますが....

 

景色は超一流!

f:id:wadaisei:20161121221838j:image

f:id:wadaisei:20161121222034j:image

 ただ、こちらは

f:id:wadaisei:20161121222125j:image

f:id:wadaisei:20161121222209j:image

よく見えませんでした。

 

 

BBQサイトや、

プライベートビーチがあったり、

夏に大活躍の場所のようです。

 

断崖には釣り人たちもいました。(落ちそうで怖い)

チヌが釣れるらしいです。

f:id:wadaisei:20161121221943j:image 

 

///////////////////////////

 

こんな感じで母娘ふたりで、

和歌浦めぐりツアーを終えることができました。

 

 最後に母から

「ええな~、和歌山住みたいなぁ~。」

とお言葉を頂いたので

大成功のツアーだったのでは無いでしょうか。

 

たまには休日に近場の観光スポットで

ドライブだけじゃなく

徹底的にまったりしてみるのもいいですね。

 

ちなみに月曜・火曜で観光したのですが、

和歌山は火曜日定休のお店がとっても多く苦戦したので気をつけてください~!

 

それでは、一時間以上かけて行ったのに

霧が深すぎて滞在時間一分で帰った生石高原の景色でさようなら~。

 f:id:wadaisei:20161121222450j:image